冊子をスピード印刷!カタログ・パンフレット等の冊子印刷の専門サイト、スピードブックプレス.BIZ(スピードプレスのグループサイトです)

データ形式

データ形式

完全データでの入稿をお願いいたします。
入稿データに不備がある場合、データチェック完了とはならず、納期の遅延や料金にも影響が出ます。入稿いただく前に、必ず下記をご確認の上、データをご準備ください。

当社でデータを修正変更する事は、一切いたしておりません。
入稿データの不備によるトラブルは、お客様の自己責任が原則となります。

出力見本(スクリーンショット等)を
必ず添付してください。
  入稿時には、必要なデータをまとめて
必ず圧縮してください。
出力見本   データ圧縮
対応アプリ

Adobe

Illustrator 5.5〜CS6、CC

Photoshop 5.5〜CS6、CC

InDesign CS3~CS6、CC(X-4準拠のPDFデータのみ可)
 → PDFの書き出し方法は、コチラ

Microsoft Office系ソフト
(ワード・エクセル等)

PDFデータ(フォント埋め込み済み)のみ可
 → 詳しくはコチラ

データチェック

1、注文サイズで作成されていますか?

1ページ毎、または見開き2ぺーじ毎のデータをご用意ください。
ご注文内容と異なるサイズのデータをご入稿された場合、お客様にデータを修正いただいた上で再入稿いただきます。

※IllustratorCS4以降では、マルチアートボードにて一つのファイルに複数ページをご用意いただくことも可能です。

2、塗り足しはありますか?

用紙の端まで図形や画像がある場合、塗り足しがないと断裁した際のズレによって白い部分がでる可能性があります。
仕上がりより3ミリ余分に作成してください。また、断裁線付近の文字や細い縁取りなども切れる可能性がありますのでご注意ください。

Illustratorデータは、アートボードサイズを仕上がりサイズとし、アートボードより3mm外側まで塗り足しを作成ください。
アートボードサイズが仕上がりサイズより大きい場合は、印刷部分がアートボードの中央になるように作成し、必ずトンボをお付けください。
【CS3以前】:「フィルタ」→「クリエイト」→「トリムマーク」
【Illustrator5.5】:「フィルタ」→「作成」→「トリムマーク」
フォトショップの場合は、塗り足し分を含めたサイズで作成してください。
塗り足しのないデータの場合、仕上がりより数ミリ小さく断裁する場合がありますのでご了承ください。

3、カラーモードはCMYKですか? RGB・特色を使用していませんか?

弊社は4色プロセス印刷です。特色は対応しておりません。また、RGBのデータはCMYKに変換いたしますが、色味や明るさが変わる場合がありますのでご了承ください。CMYKモードでのご入稿をお勧めします。

スミ文字はスミ1色(K100〜%)にしてください。特にカラーモードRGBで作成されている場合、黒部分(R=0%、G=0%、B=0%等)をCMYK変換すると4色掛け合わせになりますので、K1色に修正してください。
複数の色を掛け合わせる場合は、インク使用量合計をコート紙で350%以内、マットコート紙で300%以内で作成してください。
上記のインク量を超える場合、または上記のインク量に近い絵柄が多い場合は、スピード印刷対応をお受けできない場合もございますので、ご了承ください。

4、リンク画像など必要なデータは揃っていますか?

必要なデータをフォルダにまとめて圧縮してください。
  詳しくはコチラ

5、Illustratorでの注意事項

Illustrator AI形式(.ai)、Illustrator EPS形式(.eps)のいずれかでご入稿ください。
拡張子は必ずつけてください。

配置画像はリンク・埋め込みとも対応しております。リンクで配置されている場合は、リンク切れ防止のため、全ての画像をIllustratorデータと同じフォルダ(同じ階層)に入れてください。埋め込み配置の場合は、埋め込みされた画像の添付は必要ございません。
0.2pt以下の細い線や線幅のない塗りのみの指定の線(ヘアライン)は印刷されません。
0.2pt以上に修正ください。
(ただし、お手持ちのプリンターの出力では線が見えますのでご注意ください)
文字は全てアウトライン化してください。
(レイヤー、オブジェクトのロックを全て外し、全選択した後にアウトライン化してください。)
レイヤーは統合してください。
特色は対応しておりません。
データを作成時に登録されたスウォッチライブラリの「特色」(スポットカラー)は、ご入稿時にカラータイプを「プロセスカラー」にご変更ください。
オーバープリント設定はお控えください。(トラブルの原因になります)
オーバープリント設定の有無は弊社データチェックの対象になりません。意図的にオーバープリントを行う場合、入稿時に必ずお知らせください。

※、Illustrator CS3以降では、PDFデータでのご入稿も可能です。
  (X-4準拠のPDFデータのみ)

アートボートサイズを仕上がりサイズとし、アートボードより3mm外側まで塗り足しを作成ください。

別名保存でファイル形式を「adobe PDF(pdf)」にし、任意のファイル名で保存。
以降の設定は「InDesignをご使用の場合」をご参照ください。

  コチラ

6、Photoshopでの注意事項

Photoshop形式(.psd)、Photoshop EPS形式(.eps)のいずれかでご入稿ください。拡張子は必ずつけてください。

画像解像度は、350〜400dpiで作成してください。
0.2pt以下の細い線は印刷されません。0.2pt以上に修正ください。
レイヤーは統合してください。